家族葬ってどんな葬儀?

subpage01

近年、お葬式のスタイルは時代とともに多様化してきています。
その中で核家族や、費用の面から「家族葬」を望む方も多くなりました。

マイナビニュースの情報探しはそれほど難しくありません。

一般的なお葬式お葬式というと、家族親戚はもちろん友達や近所の方、もしく会社の同僚など多くの人が参列したものを想像すると思います。



「家族葬」というと家族だけの葬儀と考えてはいませんでしょうか?いわゆる密葬とは少し違います。


家族葬には明確な定義がなく、家族や親戚または親しい友人など少ない人数でしめやかに故人を送るという形が主流です。


もちろん費用は一般的な葬儀より安くすみますし、故人の生前の趣味や好きなものを飾ったり思い出の品を展示してみたり、共有できる人達で穏やかに見送る事ができます。


また一般の会葬者に対する気遣いや心遣いが必要なく故人との最後の分かれをゆっくり確保できます。
もちろん家族だけであったり、家族と故人の親しい友人だけだったり、いろんな形を選べます。

決まった形などないのです。



故人の遺言でこじんまり送ってもらいたいとあれば「家族葬」はぴったりな送り方になるはずです。

現在は家族葬を選べる葬儀社も増えているので、もし自分がそんな形で送って貰いたいとお考えならば、いろんな葬儀会社のパンフレットなど手に入れてみるのはいかがでしょうか。
祝い事とは異なり、「別れ」は突然です。
今から参列してほしい人のリストなど考えて準備しておくと残された家蔵が慌てる事なく、そして自分の望み通りに送り出してもらえるかもしれません。