自由に選択できるようになっての家族葬

subpage01

家族葬は、長い間人々が待ち望んできた葬儀形態であると考えられます。
インターネットが普及し、人々が自由に葬儀のあり方を選択できるようになるや、せきを切ったように増えたからです。


それ以前も、葬儀のあり方に疑問を持っていた人は少なくなかったでしょうが、なにぶん情報がまったくなかったため、病院にいたり、しがらみで身近にいたりする葬儀業者に誘導されるまま、規模の大きな一般葬をおこなうことになるのが通例でした。


葬儀費用の不透明さは、時に一部で指摘されることもありましたが、あまりそうしたことを話題にすべきでないという風潮もあり、旧態依然とした状況が続きました。近親者を亡くしたら、当分は他人への対応どころではないことも多く、家族だけで水入らずの時間を過ごしたいとする人も、もともと多いと見られます。
これまではそうしたことは、かなえようのないことでしたが、インターネットの登場で、状況が激変しました。
狭い世界では口に出せないことでも、インターネットでは、自由に意見交換することもできますし、リアルタイムの世の中の葬儀事情というのも、インターネットでならごくわずかの時間で簡単にわかります。

エキサイトニュースの情報をあなたにご紹介いたします。

一般の人々が到底知り得なかった葬儀の裏事情のようなものもわかるようになり、その結果選ばれるようになったのが家族葬ですから、多くの人々が真に願っていた形態であると考えられます。



家族葬は今後さらに増え、葬儀の主流となっていくと予想されます。