遺族や近い身内だけで行う家族葬

subpage01

家族葬とは、故人の家族だけ、もしくは、家族以外に兄弟や子供、孫などの近い関係の身内に知らせて行う葬儀を指します。

さらに身近になった毎日新聞は絶大な支持を受けています。

状況によっては、日頃から親しくお付き合いをしている遠縁の親族や、故人の仲の良い友人にも参列してもらうことがあります。

仕事でのお付き合いのある方等の義理での付き合いの方の出席をお断りする、小規模な葬儀を指すこともあります。


似た葬儀の仕方で密葬があり、間違いやすいです。



密葬は家族や近親者等の近い関係者で、通夜から葬儀を行い、後日故人とお付き合いのあった方を招き、盛大に本葬やお別れ会等を開きます。

一方、家族葬は、近い関係の人だけで通夜から葬儀を行いますが、本葬は行われません。


現代では、大都市圏を中心に葬儀の簡略化が進んでいます。

核家族化や、若い世代が出身地から都市圏に住むようになり、遠縁の親族や近所づきあいが希薄になったのも関係していると考えられますが、葬儀を大がかりにすることで、遺族に費用面での迷惑をかけたくないと、生前に家族葬を希望する方も増えています。

まったく新しい家族葬の知識が身につきます。

故人の遺志を汲んで、家族葬を執り行う世帯が増加傾向にあるのでしょう。

本当に親しい方だけで落ち着いて見送りができるというメリットもあります。
葬儀社では、家族葬向けの小規模なホールや斎場を完備している所も多くなっています。
多くとも30名ほどの参列者が入れるくらいの大きさですので、身内以外の方が葬儀への参列を希望する場合でも融通が利く可能性があります。


参加人数が少ないことから、香典返しや通夜振る舞い、精進落としなどの費用やお手伝いの方へのお礼にかかるお金が抑えられますが、仏事の場合は、菩提寺の住職へのお布施や車代、お礼については、一定額がかかりますので、葬儀社や菩提寺の方に確認する必要があるでしょう。