家族葬の通夜は参列したほうが良いのか

subpage01

故人の親戚や家族、会社の関係者などを呼び盛大的に行う一般葬と異なり家族葬はその名の通り家族や親しい人のみで葬儀を行うものです。近年の傾向で故人が高齢で付き合いのある友人、知人がないため家族葬が行われてますがこの他には一般の葬儀と比べて費用の節約や自由な弔いができるなどの理由が挙げられます。

家族葬は原則的には参列をお願いされなければ、参列はすべきではありません。
もし案内がきた場合でも注意が必要であり、斎場や時間が記載されてない場合は参列は控えるべきです。

YOMIURI ONLINEに有効な情報の紹介です。

判断に迷いやすいケースとして故人が亡くなった事を伝える記載があるが、葬儀の案内がない場合が挙げられます。これは参列辞退のお願いについての記載の有無が判断基準であり、これがあったら参列は止めるべきです。
家族葬では基本的に遺族から明確な参列のお願いがある時以外は、葬儀に参加することが難しいです。

ちなみに弔電はこのタイプの葬儀では送っても問題はありませんが、通夜や告別式が始まる前に斎場に確実に届ける必要があります。
葬儀の中によって遺族が近親者以外で参列して欲しい人がおり、電話や口頭で参列をお願いされることもありこの時に弔電を送る方法が挙げられます。
それでも弔電は無理に送らなくても良く、葬儀の案内状に斎場と日時が明記されてないと送りたくても連絡することができません。



あくまでも送っても問題ない程度であり、送らなければならないものでは無いので無理をしてはいけません。